小唄教室、端唄教室、三味線教室「游芸節(ゆうき節)」家元游芸真千子(ゆうきまちこ)。

サブナビゲーション

游芸節 家元游芸真千子

小唄・端唄。三味線教室

小唄・端唄教室について

小唄・端唄のお教室ご案内

新橋の名妓とうたわれた「真千子」の邦楽教室です。 日本舞踊・長唄・小唄・新内小唄の師範名取で、芸者としては過去僅かしかいない三味線の名手として東踊りで活躍した「真千子」が、游芸節家元「游芸真千子」として、力をこめて皆様に伝統的な小唄・端唄をお教えします。その上で、ご希望の方には、さらに高度な三味線・游芸節をお教えします。

小唄・端唄は初めての方でも初歩の初歩から懇切丁寧にお教えします!

→ 「三味線と游芸節教室について」はこちら

 

游芸真千子ごあいさつ
游芸真千子写真

游芸真千子の小唄・端唄・三味線・游芸節教室のホームページをご覧いただき、まことにありがとう存じます。

私が幼いことから長く親しみ愛してきた、日本文化の粋ともいえる音曲の世界で習得しやすい小唄・端唄そして三味線に馴染んでいただき、皆様の生活を彩り豊かなものにしていただくことを目的に教室を開いております。

そのために、精一杯、皆様のお役に立ちますよう努力いたします。

游芸節家元 游芸真千子

三味線は唄の女房役。三味線だけのお稽古希望の方は事務局にお申し出ください。

 

稽古場

下記、東京都内で 教室を開いています。

【大森教室】

所在地:東京都大田区山王 JR京浜東北線「大森駅」徒歩10分

電話: 03-3775-1198


 

稽古日

※お稽古は、夜間も可能です。ご相談ください。

【大森教室】:個人教授・随時(応個別相談)

くわしいことは、事務局 03-3775-1198 にお問い合わせください。

 

お稽古の流れについて

お稽古は下記のように、初心者の方からだんだんと上達につれてステップアップ方式で進みます。

真千子先生が吹き込んだCDと譜面を使って稽古するので唄が早く上達すること請け合いです。


免状

最初の稽古から12回で「梅免状」を差し上げます。梅免状の方には次の12回で「竹免状」を差し上げます。竹免状の方にはさらに次の12回で「松免状」を差し上げます。

お稽古開始時に、游芸真千子吹き込みのCDと譜面(三線譜)を差し上げますので、予習・復習にお使いください。

名取

松免状を取られた方には、さらに「名取」をお勧めします。「游芸節名取」を希望される方は松免状取得時にお申し出ください。

古典曲のさらなる上達とあわせて、游芸真千子作詞・作曲になる独自の游芸節の真髄を学んでいただきます。

師範名取

  

「師範名取」になるには、家元游芸真千子の最終的な審査が必要です。
師範名取になられた方はご自分で「游芸節の教室」を開くことができます。

 

授業料について(初回合計 22,000円)

 

入室金

入室時に入室料金(*お手本CD代金含む)10,000円

*小唄(古曲)CD(全11曲)、端唄CD(10曲)と歌詞集。

 
お稽古代

1回のお稽古は、30分です。
お稽古代は3回分のチケット制です。

入室時に稽古3回分のチケットをお買い上げいただきます。

稽古3回分のチケット制:1回のお稽古4,000円で3回分 12,000円を前払いで頂戴します。

また、チケットの有効期限は3ヵ月です。

ご都合に合わせてご予約の上ご利用ください。

 


お稽古代はすべて税込みです。

 

よく頂くご質問についての回答は こちらで掲載しています。

→ 「よく頂くご質問について」はこちら

そのほかにもご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ・見学のお申し込み

游芸真千子 写真
グローバルナビゲーション お問い合わせ ブログ